CADについて

CADという言葉は聞いたことがあるでしょうか?仕事を探すときなどの求人広告にCADオペレーター・CAD技術者募集」とか、資格スクールにおいて「CADの資格取得・技能取得」などと書かれています。ではCADとはいったい何の事をいうのでしょうか。
このサイトでは、CADって何?といった素朴な疑問から、これからCADの資格を取得しようとしている方、また技能を身につけCADを使った仕事に就こうとしている方に、出来るだけわかりやすくCADについてお話していきたいと思います。

CADとはおおまかに2つの意味で使われます。1つはComputer Aided Designの略で、コンピュターによる設計支援ツールの事を言い、一般的にCADシステムと呼ばれます。その一方、ただCADと表現される時の大半は Computer Assisted Drafting,もしくはComputer Assisted Drawingの略で「コンピュターを使った製図システム」の意味で使われます。

そもそもCADが誕生したのは、今から約40年ぐらい前、CAM(コンピューターによる製造支援:基礎用語参照)というシステムが開発され、その後そのシステムに指令を与える目的で開発されたのが、今日のCADの原型と言われています。その後多くのメーカーから多種多様なCADが開発され、現在では数百種類のCADが存在していると言われています。

CADが誕生した事は、従来の製図作業、図面作成の現場では大変大きな意味がありました。従来の製図作業、図面作成には、職人による膨大な専門的知識と時間が必要でしたがCADの誕生はある程度の知識があれば簡易に製図作業、図面作成が出来るようになったのです。また、データとして扱えることで修正が容易になり、繰り返し図面をコピーできるので非常に効率的に作業が出来るようになりました。その他にも類似の図面作成が非常に簡単にできる、設計において手計算で求めていた寸法や面積、強度の計算などの手間が省けるようになったなど従来の手書きの図面に比べ作業効率が格段に向上しました。

CADが開発され、コンピュータの高性能化と普及率の向上によりCADを使っての製図作業、図面作成、設計は急速に社会の中に浸透していきました。製品の大量生産が基本である現代。
現在CADは、機械用CAD、建築用CAD、電気系CADのみならずアパレルやアクセサリーといった多種多様な分野まで、対象や業種などを選ばずに製図、作図、設計の各方面でたいへんな広がりを見せ、今後さらに多岐にわたり使用されていくものと考えられます。CADの誕生により従来の専門的な知識と経験が必要だった設計、製図、作図において図面の基礎知識とCADソフトの使用方法を学べば、比較的簡単に作業ができるようになった現在、様々な分野で活躍するCADについて、もう少し触れてみたいと思います。の経済社会において、CADの誕生はある意味必然と呼べるものだったのかもしれません。

News